トップへ
トップへ
戻る
戻る



バックナンバー平成25年分

1年間お疲れ様でした

 早いですね、1年経つの。来年こそは来年こそはと思いながらここ数年過ぎています。なので懲りずに来年こそはもっと春日井支部の生徒数増やして、

選手強化して盛り上げていきます。ご協力お願いします。

2013/12/28

和道会東海大会結果報告

 主な行事も終わりほっとしています。正直、今年の春日井市民空手道大会は、去年よりも成績が落ちてすこし反省していますが、11月24日に岐阜メモ

リアルセンターで行われました和道会東海大会で森本兄妹がともに組手三位入賞(琉雅中学1年、莉世小5女子)で年内最後の試合を締めくくってくれま

した。2年前、美濃支部の選手にビビっていた琉雅君が過去入賞実績のある美濃支部2選手を破り、莉世ちゃんは水風会石黒道場の選手(8月の和道

会東海少年少女大会で完敗)に勝ち、ともに三位。お母さんも大興奮でした。ですが、正直まさかの活躍、私もお母さんもカメラを用意していなくて記念写

真撮れず(;;)。春日井大会でも活躍した2人です。来年も、もっともっと活躍して下さい。

               

2013/12/10


和道会東海本部秋期昇段審査

11月10日(日)守山スポーツセンターにて秋期昇段審査があり、知空会春日井支部から中学生2名が受験し見事合格しました。

初段合格 加藤 怜  大橋 唯我

おめでとうございます。

2013/11/22


第6回春日井市民空手道大会無事終了

 11月4日春日井市総合体育館で第6回春日井市民空手道大会が開催されました。選手、役員の皆様方お疲れ様でした。最終的な結果がまだ手元に

届いておりませんが知空会春日井支部の選手も何人か入賞でき満足しております。また来年に向けて頑張りましょう!

2013/11/07


和道会3級指導員審査合格!

20日の審査合格しました。次なる目標は和道会六段、全空連五段です。頑張ります!

2013/10/31


和道会全国技術講習会(岐阜羽島かんぽの宿)


 10月19.20日と和道会全国技術講習会に行ってきました。19日(土曜日)朝9時30分から夕方5時頃まで。翌20日(日曜日)は朝9時から12時までみっち

り稽古し、午後から和道会3級指導員資格審査を受験しました。3級指導員審査、難しそうなので自信は…よく分かりませんが、向上心のために挑戦しま

した。試験の間はとても心落ち着いて演武することが出来ました。午前中に受験者だけの特別講習を受け、それだけでも価値ある時間を過ごす事が出

来、感謝の気持ち一杯ですが、その上偉い先生方に見ていただけるうれしさで、心地好い緊張感の中、実力が出せました。結果は来週ぐらいに送ってく

ると思いますが、ドキドキです。
2013/10/23


インターネットの力は凄いですね!

 先日ルワンダからまたメールが来ました。大使館の人でなく現役協力隊員。隊員の知り合いのルワンダ人が空手をやっている関係でネットで「ルワン

ダ 空手」を検索したら「知空会春日井支部」がヒットしたそうです。私がルワンダにいた25年前は携帯もPCも無く、まだ手紙でした(^^)

2013/10/09


ルワンダ再訪問 『人生の貯金と利子』

 来年2月始めに、27年前青年海外協力隊で空手指導に行ったルワンダ共和国にまた行く予定です。昨年辺りからメールで『また来て下さい』と言われ

ていましたが、いよいよ本格的にこの件について話を進めています。


 何度かメールをやり取りしましたが、私の英語力とルワンダ側の受け入れ体制の問題とで話が進みませんでした。ところが先日、在ルワンダ日本大使

館の方からメールが届きました。大使館員の一人が空手経験者でルワンダの空手連盟会長と知り合い私の事を聞きメールして下さいました。連盟会長

は27年前の私の生徒だったそうです。私の生徒達は、多くの人が死んだあのルワンダ内戦を経験してもなお空手を続けてくれました。

 丁度ルワンダとの交渉が上手く進まず困っていましたので大使館員の方に仲介を依頼しましたら、快く受け入れていただきました。そこでわたしが思っ

たのは、「空手を通して今まで多くの人に助けてもらいました。」と言うこと。自分で言うのも何ですが空手を始めて38年、一度も中断することなく真面目

に続けてきました。それが50を過ぎた今、いろいろな方と知り合い何かあったら相談できる人もたくさん出来ました。これは今まで真面目にやってきた貯

金の利子だと思っています。世の中ずる賢く生きている人間も多いと思います。楽して得た物はそれきりで後につながらない。苦労したことは事は後から

倍になって(今流行の『倍返しだ!』)自分に利益をもたらすと言うことを実感しています。自分のまわりの多くの方に感謝しています。


 話は大きく飛躍してしまいますが、今日本は近隣諸国との摩擦からいろいろと圧力を掛けられています。しかし冷静に対処し、事を大きくせず耐えてい

ます。その努力をいずれは諸外国が認め、日本を評価してもらえると思います。逆に横暴な態度を取った国を他の国は見ていると思います。ずいぶん

前になりますが、私が海外にいた時『日本人は親切で優しい』とよく言われました。日本は日本らしく世界の期待の応えて欲しいです。


 ルワンダ行き楽しみにしています。自分がまいた種がどのような形で実っているのかこの目で確かめてきます。

2013/09/15


平成25年秋期昇級審査結果

                          開催日平成25年8月25日平成
                        受験者数 小学生 白  10人  保留者 2人
                                     黄  18人  保留者 6人
                                     緑  13人  保留者 6人
                                     茶  10人  保留者 4人
                              中高一般    14人  保留者 2人

                                     受験者 合計65 人    保留者 合計20

                                     合格者総数45

                                      合格率69.2%

2013/08/27


和道会全国大会


 8月17日、18日と週末に和道会全国大会が初日千葉県浦安市、2日目東京日本武道館で行われました。今年は春日井支部から生徒の参加が無

く、私一人で参加しました。形は情けないですが1回戦負け、組手は去年に続き3位入賞しました。2年続けて3位になれた事に少し自信を持ちました。

 1回戦愛知県の古橋選手、あの古橋兄弟のお父さんでいつも親切にしてもらっていますからやりにくかったですが2−0で勝ちました。実は古橋選手が

1回戦小山で対戦する相手は去年の40代シニア組手チャンピオンでしたが膝の故障で欠場したらしくラッキーでした。(正直勝つ自信はなかったです。)

 2回戦はこれまた愛知県の選手、かなりラフファイトの選手で当てるは掴んで振り回すは、途中ムカッときて2発ほど当て返したら「忠告」をもらいまし

た。ガキのケンカのように「オレは2発だけどあいつは4発は当ててるぞ!」と心の中で叫んでいました。それでも前蹴りが久しぶりに気持ち良くヒットして

なんとか4−2で勝ちました。

 3回戦準決勝は豊山の土田健次先生を破って勝ち上がってきたイランの選手。実は昨年対戦し上段回し蹴りを喰らい6−0で負けた選手です。相手左

構え、上段蹴りを警戒し私は右構え。上段の蹴りこそもらいませんでしたが、中段蹴りをもらい結局4−0。また敗戦。でも途中から、いわゆるゾーンと言

うやつですか、ものすごい神経の集中状態になり身体も良く動き(自分の感覚では、実際は分かりませんが。)楽しくて仕方がありませんでした。結局そ

のイランの選手が決勝戦も勝ち優勝しました。表彰式でいろいろ話し、ハッタリですが「来年は私が勝つ。」と言っときました。ハッハッハ

2013/08/21





マスターズ愛知県代表選手選考会

 6月29日土曜日にマスターズ県代表選考会に行ってきました。残念ながら負けてしましました。昨年まで代表2名でしたが、今年はエントリー人数の関

係で1名に減らされました。正直それを聞いた時ヤバイと思いました。なぜなら、去年一緒に高知行った同じ男子組手3部の山本選手が背も高くイケメン

でルックスでも実力でも完全に負けているからです。

 選考会は応募者3人総当たりでの争い。1回戦私ともう一人の選手と試合。開始早々上段刻み突きをもらいポイントを取られたと思った瞬間、弐の手

の上段逆突きが私の顔面にヒット。ラッキーにも相手反則でポイントにならず。そのとき「この人強いけど技のコントロールが甘いので上段突きは当たっ

て反則になるから怖くない。上段突きは警戒しなくていい。」と思い勝てる気がしました。そんなこと考えていたら、「無防備」反則を取られました。審判は

全国審判Aランクの先生でさすがだなと思いました。何とか1ポイントを取り、試合時間1分フルタイムで短いのを利用し、間合いを外しながら逃げ切りま

した。次に山本選手との試合、長身から繰り出す上段突きが武器の選手です。左構えで少しオープンぎみの構えに対して、私は右構えで相手左刻み突

きを警戒して対戦しました。少し間合いを遠目に取り伸びてきた突きを落としてカウンターを考えていましたが、想像以上に早く射程距離も長く対応できま

せんでした。立て続けに上段突きを決められ、結果4−0で負けました。

 代表2名枠なら、山本さん以外に何とか勝って2位抜けで出られるだろうという甘い考えを反省しています。完全にマスターズ本戦に出るつもりでしたか

らショックです。来年は打倒山本選手で頑張ります。でもホントは過去2度の大会でお世話になった山本選手と一緒に行きたいです。

 また翌30日日曜日、ニホンガイシホールで全空連昇段審査があり一般部の加藤正人さんが無事初段合格しました。初段から三段までの審査で半分

以上が高校生で、緊張しながらも無難にこなしホットしました。これで来年加藤さんもマスターズに挑戦できます。

2013/07/01



東アジアシニア大会岩本衣美里選手優勝

 2013年東アジアシニア大会で和道会所属の岩本選手が形の部で優勝しました。私は、2008年和道会全国大会で岩

本選手を初めて見て、「正中線がぶれずに、キレのあるいい選手だなあ。」と思って気に掛けていました。その当時、形

一般女子は関川奈穂選手(浜松医大)と岩崎ほなみ選手(横浜国大)の二人が優勝常連でしたが、その年第三位、翌

年準優勝、そして2010年優勝。その年名古屋で行われた和道ワールドカップでも優勝しました。2010年和道全国大会

優勝の時、知り合いのコネで写真を撮らせていただき、今も道場カウンターに飾ってあります。今年全空連ナショナル

チームに選抜され、見事初の国際大会で優勝しました。皆さんも岩本選手の名前を覚えて、応援しましょう。

2013/06/23



日本マスターズ空手競技愛知県代表選手選考会

 6月29日土曜日、マスターズ選手選考会があります。今年のマスターズは9月14−16日に北九州市で行われます。

大会でまだ1勝もしていませんので今年も挑戦しますが、最初に言い訳しておきます。腰が痛いです。昨年11月に腰

椎椎間板ヘルニアが発症して、それ以前から腰痛はありましたが、腰に鈍痛がありトレーニングする気も沸きません。

それでも選考会まであと1週間、何とか頑張って勝ってきます。

2013/06/22


平成25年度春期昇段審査

 6月9日昇段審査が守山スポーツセンターで有りました。春日井支部からは4人の生徒が受験し結果は下記の通りで

す。
          年少初段合格者  林建太朗  成瀬有輝  安井海成
          年少弐段合格者  宮原伶於

 受験者全員見事合格しました。いつものように初段の受付一番に並び、受験番号1から3。私が号令かけを任され、

安井君、成瀬君、林君が第一グループで出てきました。年少初段合格率61%ととかなり厳しい数字でしたが安心して

見ていました。

 年少弐段受験の宮原君には、すでに弐段を取得しているお友達の森本君が応援に駆けつけ心強かったと思います。

 昇段審査については毎回合格率100%を目指しています。受験認定は今後も厳しくしていきますので生徒の皆さん

はしっかりと稽古して下さい。

2013/06/10



またオリンピックの夢破れましたね (T_T)

 昨日(5/29)国際オリンピック委員会(IOC)の理事会があり、2020年夏季オリンピックで追加実施される競技が候補8

種目からレスリング、野球ソフトボール、スカッシュの3種目に絞り込まれました。今回も空手が競技として実施されるこ

とは残念なことに無くなりました。長年採用されるように全空連や世界空手道連盟(WKF)が活動し、今回こそはと期待

が膨らんでいましただけにショックです。何でですかね?悔しいですね!日本ではそれほどメジャーではないですがヨー

ロッパ、中東では非常に人気がありますから期待していました。雑誌「JKfan」なんかでもオリンピック入り有力と報じて

いましたから、せめて最終種目まででも残って欲しかったです。

2013/05/30



第27回和道会愛知県大会


 5月19日(日曜日)に岡崎で和道会愛知県大会が開催されました。春日井支部からは10人エントリーしましたが、

先日の県空手道連盟愛知県大会で1人負傷し、9人が参加しました。結果は川合翔太君が形5.6年有級で第3位

平井里空君が組手3.4年男子で敢闘賞、他に知空会各支部から数名の入賞者が出ました。うれしく思います。

知空会カンバレ!

 私は賞状作成係として裏方仕事をしていましたが、今回ほとんど賞状作りノーミスで済みました。コート係の皆さんが

とても丁寧に選手名の確認をしてくださり助かりました。このホームページ見てないと思いますが、感謝の気持ちを伝え

ます。
「ありがとうございました。」

 8月4日に和道会東海少年少女大会があります。そちらもスムーズに行くように、ご協力お願いします。

2013/05/22






adidas BMJ cup karatedo championship in aichi 2013


 4月21日瀬戸市体育館でアディダスカップ2013 in 愛知が開催されました。関東関西、遠くは鳥取県からも選手が

来たそうです。レベルも高く立派な大会でした。

 決勝戦はインターネット中継があり、数多い審判の中から、その審判員9名が選ばれました。そこに私の名前もあり

ました。他の審判員は経験豊富、実績もある先生方で、なぜ私が選ばれたのかよく分かりませんが、足を引っ張らない

よう心配しながら、やや緊張もしましたが無事役目を果たしました。大きな失敗もせず何とか出来ましたが、とてもいい

経験をさせたいただき感謝しております。知空会代表のつもりで頑張りました。

試合の様子は「ワールドカラテアカデミー」ホームページからリンクがあります。(4/22 off air で繋がりませんでした。)

2013/04/22



ちょっとイラッとした笑い話

 昨日道場に来たある男性に「ここの他に豊山、北区、春日井辺りで空手道場ありますか?」と聞かれ。「?」

うちの道場じゃいけないの?忙しい時間に変なこと聞かれイラついたので、「道場向いにラーメン屋さんがあります、そ

こでこの辺りに他にいいラーメン屋さんありますかって聞いてみて下さい、無いって言うと思うよ。」と答えました。

2013/04/10


平成25年東海本部地区技術講習会

 4月7日(日曜日)日本ガイシホールで行われた地区技術講習会に、一般部の加藤さんと一緒に参加しました。

午前中基本、形の講習、午後より私にとってはメインの「松久功組手技術講習」。

 昨年引退し今回は松久指導員として講習されました。彼の講習会はこれで3回目ですが、いつもは子ども達を連れ

て行き、引率として見る側にいました。今回は知空会の若手指導員連中の何人かも参加し、私もテンション上げて張り

切って練習しましたので翌日は体ガタガタでした。教えてもらったおもしろい稽古方法を今後道場でも紹介します。

     





2013/04/09




第27回杉浦錬成大会

 17日浜松の杉浦錬成大会に行ってきました。結果は
準優勝  形小学4年B(1〜5級) 川合翔太
敢闘賞  形小学1.2年A       小澤 尚
       形小学3年B       平井里空
       形小学4年B       堀田暉翔
 川合翔太君は去年に続いて準優勝。去年も決勝でクーシャンクーをやり今年も再挑戦。去年は覚えたてで間違えて

しまいました。今年は大丈夫っと思ったら相手のピンアン五段に負けてしまいました。試合後、ある審判に「準決勝のピ

ンアン四段だったら勝てたのに。」と言われたそうで。「来年はピンアン四段にする!」と行ってましたが、私的には来年

もクーシャンクーで行って欲しいな(^U^)
2013/03/19


yahoo知恵袋

 先日IOC(国際オリンピック委員会)の委員が東京のオリンピック招致プレゼンテーションのため来日しました。2020

年のオリンピック開催地として東京が選ばれると空手競技が種目として採用されるのではないかと空手界は期待してお

りますが…。

 私はかねがね「空手ほど不思議な競技は無い。」と感じております。ほとんどの日本人が「空手」を知っていると言い

ます。ですが「見たことありますか?空手ってどんな競技ですか?」と聞くとほとんどの人が「知らない!」と言うと思いま

す。 海外でのカラテ人気は凄いです。私は若い頃、海外で空手指導の経験も有ります。アフリカの7ヵ国に行った事も

あります。日本人を見ると「カラテ、カラテ!」と言われました。昨年('12年10月)パリで行われた世界大会では、大会

期間中延べ10万人の観客が観戦したそうです。では日本ではどうでしょうか、一般的には前述のように知られてませ

んし、人気も有るとは思えません。空手の本場の地でこれです。

 たまたまネットで空手について調べていた時、「yahoo知恵袋」の「空手」を見ました。多くの人が好き勝手なこと書き込

んでました。ほとんどが誤解と不理解なことでした。仕方ありません、世間一般ではその程度にしか理解されてないの

でしょう。特に「形、型」については不理解と言うよりバカにした書き込みが多く、少しばかり腹が立ちました。でも、否定

的なことを書き込む人はほとんど空手の形を理解出来ていない人ばかりでしょう。偉そうに言う私も本当に形が好きに

なったのは現役引退して指導者として経験を積んでからですから。形は計算ドリルや漢字ドリルのような物でたくさんや

ってしっかり理解すれば難しい応用問題も解けるようになると思います。動作の要領を考え理解し実践て行く、すると体

の使い方が上手になる。その作業がおもしろくて仕方有りません。そして組手への応用を考えるとその発想がどんどん

膨らみます。

 知恵袋でつまらん書き込みをしていた人、本当に形が無駄なものならとっくに消えて無くなっています。3,40年の歴

史しかないフルコン空手の指導者が年を取ると共に形の習得と理解をし始めている話も聞きます。

形は奥が深いよ!(私が言うのもなんですが  笑!)

2013/03/10

昇級審査結果

                    開催日平成25年2月17日
                    受験者数
                    小学生 白帯  9人 保留者 3人 (特進 1人)
                          黄帯 21人 保留者 3人 (特進 1人)
                          緑帯 21人 保留者 4人
                          茶帯  6人 保留者 0人
                    中高一般     7人 保留者 0人

                           合計 64 人 保留者 10人
                           合格者総数54人

                           合格率84.4%

2013/02/20




日本体育協会からの通知

スポーツ指導者の指導対応について

  平成25年1月26日(土)、27日(日)に愛知県武道館で行われました、愛知県地域社会空手道指導者研修会において体育協会から、昨今問題となっ
ている「スポーツと体罰」についての通知がありましたので、一部紹介します。

 『青少年スポーツ指導の現場において、「体罰」と言う暴力行為が日常的に行われていた現状が明らかになってきました。
  中略  スポーツに携わる者は、自らの尊厳を相手の尊重に委ねる相互尊敬であるというスポーツの価値を自覚すること。」 』

 として、「公益財団法人日本体育協会及び加盟団体における倫理に関するガイドライン」が配布されました。

詳細:http://www.japan-sports.or.jp/index/news/ 日本体育協会ホームページ

公益財団法人日本体育協会及び加盟団体における
倫理に関するガイドライン
平成16 年4 月1 日制定
平成23 年4 月1 日改定
< 趣 旨 >
               スポーツは、人生をより豊かにし、充実したものとするとともに、人間の身体
               的・精神的な欲求にこたえる世界共通の人類の文化の一つである。心身の両
               面に影響を与える文化としてのスポーツは、明るく豊かで活力に満ちた社会の
               形成や個々人の心身の健全な発達に必要不可欠であり、人々が生涯にわたっ
               てスポーツに親しむことは、極めて大きな意義を有している。
               公益財団法人日本体育協会(以下「本会」という。)及び加盟団体は、我が国
               のスポーツの普及振興を図っていくという高い公益性と社会性を兼ね備えた組
               織団体として、その使命を担っている。
               したがって、所属する役・職員はもとより、監督、コーチ、審判員、登録競技者
               等においては、その社会的な使命や意義を自覚し、常にスポーツの基本である
               ルール、マナーを守り、フェアプレーの精神に則り行動することが求められる。
               しかしながら、近年、加盟団体及び所属関係団体において、人道的問題(指
               導者の競技選手に対する暴力やセクシュアル・ハラスメントなど)あるいは補助
               金などの不適切な処理又は横領など、訴訟にも及ぶ問題が発生していることは、
               誠に憂えるべき事態であるとともに、自らの組織団体においても十分な留意が
               必要である。
                このような状況をも十分に考慮し、本会及び加盟団体においては、常に公明
               正大でかつ健全化を目指した組織体制の整備と健全な組織運営を図っていく
               必要があり、そのために必要な倫理に関する諸事項をガイドラインとしてまとめ
               たものである。
               本会及び加盟団体においては、役・職員、公認スポーツ指導者(監督、コー
               チを含む)、主催・共催など関連するスポーツ競技会・行事などに携わる審判員
               をはじめとする運営関係者及び登録競技者等を対象として、倫理や社会規範
               に関する意識の啓発と問題の発生を未然に防ぐため、次の各事項に照らし、早
               期に必要な規定の整備を図ることが望まれる。

私は以上のことを肝に銘じ正しい指導を心がけることを改めて感じ、守っていきます。

2013/01/30



大阪高校バスケ部体罰について

 大阪の高校バスケ部で体罰を受けた生徒が自殺した事件が連日報道されていますが、一部であたかもスポーツに体

罰は付き物のように言っている報道番組がありました。その件について世間一般はどう思っているのでしょうか。

 まず、大阪のその先生は何を考えて指導していたのでしょうか。大阪府内では強豪でインターハイにも出場したような

ことも聞きました、18年間移動もなくその高校で指導をしていて、まわりも一目置いていたようです。それが故に勝つこ

とが第一目標となり、変なプライドがプレッシャーになったのでしょうか?

 私はなぜ空手を教えているかと問われれば「空手は楽しいから、格好いいから。それをみんなに伝えたいから。」と答

えます。ですからそこに体罰はあり得ません。人様の大切なお子さんを預かっているのですから。みんな可愛いです。

2013/01/17



今年の行動テーマ

 数年前まで1年間のテーマを決めて二文字熟語をホームページ冒頭に掲げていました。何となく行き詰まってやめま

したが。今年はある言葉が浮かんで復活させました。

 昨年暮れに「イチロー2012」という番組を録画して、今日3日に見ました。イチロー選手が選手としての終わりに近づ

き、どのように選手生活の最後を迎えるか必死に模索していました。「選手としては『引退』は『死』ですからね。出来れ

ば笑って迎えたい。」そんな寂しいコメントもありました。そんなイチロー選手を見ていて、私自身は人生の折り返しもと

うに過ぎ3分の2に差し掛かりました。本当に1年1年大切にしていきたいと思います。そんなことを考えながら、今年の

テーマは「必死」と決めました。
2013/01/03



本年もよろしくお願いします。


 あけましておめでとうございます。また新しい年が始まりました。年初には毎年同じように「今年こそは」と決心しては

挫折しております。まあ物は考えようで、この時期に気を引き締め数ヶ月効果があるだけでもましですよね(^^;)

 昨年は杉浦錬成大会壮年の部入賞、全空連四段取得、和道全国大会入賞、マスターズ参加に挑戦しました。それぞ

れ優勝、合格、組手50歳以上の部三位、参加と結果が出ました。今年は個人的には和道全国大会形、組手の部入

賞、マスターズ1勝を目指します。知空会春日井支部としては、昨年以上に知空会他支部との合同練習会をより多く企

画して知空会全体のレベルアップを図り、出来れば合宿をやってみたいです。生徒数を増やしより活気有る道場を目

指します。皆様のご協力をお願いします。
2013/01/01
トップへ
トップへ
戻る
戻る