HOME
教室紹介
カレンダー
生徒募集
予定・連絡
メールフォーム
その他



生徒への手紙 令和2年


2月3月は嫌いです

 わぁ〜、恐怖の2,3月、新年度を前にいろいろ更新することが沢山有ったり、試合の案内が一杯来たり・・・ 道場の確定申告、知空会の

大会準備・会計報告、ジュニア強化の・・・何かと行事が有って土日も潰れるし。 

 昨日2月16日は愛知県連の審判講習会がありました。先週は東海地区と和道会東海本部の審判講習会。講習会費が3000円とか5000円とか

掛かって、資格の更新費も5500円。あ"〜時間とお金が・・・思わずぼやきたくなります。

 講習会に来られる先生方はみんな熱心で頑張っています。割とのんびりやっている先生、資格取得や講習会に興味のない先生もいます。

私も道場経営にだけ集中して他のことをやらずにいたら楽でしょうね。でもそれで満足出来るかというと、それじゃつまんないと思いまう

す。一生懸命な先生たちに囲まれてそこから刺激を受けて自分も頑張れる。そして自分の成長を感じて充実感を得られる。それが楽しいん

です。なんでこれからもぼやきながら頑張ります。                             
2020/02/17






2020年令和の時代のスポーツ指導

 昨年暮れに元メジャーリーガーのイチローさんがイチロー杯学童野球大会の表彰式の為に豊山町にきていました。イチローさんの挨拶で

『これからは昔のような厳しい指導が出来なくなります。その代わり自分が自分に厳しくしなければなりません。』と言うような事を言っ

てました。

 確かに我々の学生時代、寸止めでなく当て止めでした。『止め』とは言えほとんど止めてないです。当てられたら当て返すみたいな。です

が大学から空手を始める人が多い時代、それでも2年生の秋頃には試合に出ていましたし、3年4年になれば主力選手で活躍する時代でし

た。練習内容は形はほとんど稽古せず、ひたすら移動基本、後は組手稽古。先輩が怖くて緊張感ピリピリの練習でした。今そんな稽古したら

みんな辞めていきます。

 ただ今思えば理不尽な稽古かも知れませんが、言われたまま耐えて稽古すれば強くはなれました。

 今はそんな方法が使えません。褒めておだててヨイショして。でも稽古が楽しければ短時間でも集中出来て内容の濃い稽古ができます。強

くなろうと思えば、情報はインターネットで簡単に手に入ります。うまくなる方法はいくらでもあると言うことです。でも結局は自分が本当

に強くなろう、上手くなろうと思うのなら、その為の練習をやっぱり熱心に一生懸命やらないとダメなんです。やはり努力や苦労は必要で

す。

 生徒や親の方も情報が簡単に手に入る時代です。指導者も大声出して怒ってるだけでは生徒に、逆に心の中で笑われます。私ももっと技術

と練習方法など勉強して今年は選手を強くすることを目標にします。

2020/01/07


明けましておめでとうございます。

 2020年いよいよが始りました。令和初めての正月、20年代の始まり。空手界にとっても大きな1年になります。ご存じのように東京オリン

ピックで初めて空手道競技が開催されます。世間が空手に対してどのような反応するのか不安と期待が(普通は期待と不安ですが不安と期待

です)交錯しています。

 それはともかく知空会春日井支部としてこの1年をどう過すかそれが重要です。今現在はまずまず体調もよく気力も充実しています。そこ

で今年1年の抱負とか目標ですが、実はここのところ毎年同じような目標を掲げています。つまりはここ数年目標が達成できていないと言う

事です。ですが今年改めて目標を公言します。

目標その1:今年こそ和道会六段合格。

目標その2:昨年出られなかったマスターズに参加。

その他、今年名古屋で開催される和道会全国大会で活躍する。県レベルで活躍できる選手を作る。

2020/01/03

戻る
戻る



生徒への手紙 令和元年
生徒への手紙 令和元年
平成30年  平成29年
平成28年  平成27年
平成26年  平成25年
平成24年  平成23年
平成22年  平成21年
平成20年  平成19年
平成18年  平成17年
平成16年以前